赤ワインと白ワインの違いをご存知ですか?色が違う?いえ、いえ、それだけではありません。

赤ワインと白ワインの違いは色だけではなく製法から異なっているのです。

意外と知らない赤ワインと白ワインの違いについてのまとめです。

赤ワインと白ワインの違い

赤ワインと白ワインは色の差だけではなく、使用するブドウも作り方も異なります。

そんな具体的な赤ワインと白ワインの違いについて見ていきましょう。

赤ワインの作り方と特徴

黒ブドウと言われる品種のブドウを、皮も種もそのままにして発酵させ、熟成させて作ります。

赤ワインを作るために使用される黒ブドウの代表的な品種は、次の通りです。

  • カベルネ・ソーヴィニヨン
  • メルロー
  • シラー

赤ワインは皮も種も一緒に発酵させるため、ポリフェノールがたっぷりと含まれています。

赤ワインが赤いのは、一緒に発酵させた皮の色素がワインに流れ出すためです。

熟成させることによって、風味も変わるためか、ワイン愛好家には赤ワイン好きが多いと言われています。

白ワインの作り方と特徴

白ワインは、赤ワインとは違い、白ブドウの皮も種も取り除いてから低温で発酵させます。

白ワインに使われる白ブドウの代表的な品種は次の通りです。

  • シャルドネ
  • ソーヴィニヨン・ブラン
  • リースリング

白ワインは、皮も種も取り除かれているため、果汁の白い色だけが残ります。

味わいも、フルーティなものが多く、度数も低いものが多いのが特徴です。

渋みなどのクセがないため、ワイン初心者にはおすすめのワインです。

赤ワイン、白ワインでもない「ロゼワイン」

roze
ワインには、赤ワイン、白ワインだけではなくロゼと呼ばれる種類のものもあります。

ロゼワインの作り方は、赤ワイン、白ワインと比べると複雑で、次の3つの方法があります。

セニエ法

赤ワイン同様、黒ブドウを使い、皮と種も一緒に発酵させますが、途中で、皮と種を除去します。

こうすることで、赤ワインほど濃くないピンク色になります。白ワインのように低温で熟成させます。

直接圧搾法

黒ブドウを使用し、白ワインの作り方で作ります。

圧搾する際に、皮の色や種が果汁にうつり綺麗なピンク色に染まります。

白ワインに限りなく近く、飲みやすいワインになります。

混醸法

黒ブドウと白ブドウを一定の配合量で混ぜ、発酵、熟成させます。

こうすることにより、赤ワインと白ワインの良いところが現れ、色も綺麗なピンク色になります。

個人的おすすめな美味しいワイン

それではここで、個人的におすすめのワインを紹介していきます。

シュタインベルガー・リースリング・シュペートレーゼ2012

syutan
ワインといえばフランスと思われるかもしれませんが、ドイツワインも負けてはいません。

この「シュタインベルガー・リースリング・シュペートレーゼ2012」は、ドイツの代表的な白ワインです。

ドイツでは白ワインは甘口であればあるほど高級という認識があり、このワインも当然、甘口です。

ブシャール・ペール・エ・フィス・サヴィニー・レ・ボーヌ2011

levonu
フランス、ブルゴーニュ地方を代表する赤ワインです。ブシャールは創業が1731年と、フランス革命以前からあった、老舗のワイナリーです。

2011年は収穫量が少なかったものの、クオリティが高いと、ソムリエが称賛するように、エレガントな風味を持つ赤ワインです。

カスティーリョ・デ・マエティエラ・リバリス・ロゼ2015

libaris
スペインで作られた、珍しい品種のブドウを使って作られたロゼワインです。

白ワインの持つ軽快さと赤ワインが持つ重厚感が適度にブレンドされているため、料理にも合わせやすく、ロゼワインってこんなにおいしかったの?と、再確認させられる一品です。

ローラン・ペリエ・ブリュット・L‐P・NV

lpranpure
英王室御用達のスパークリングワインです。

フランス、シャンパーニュ地方で作られているので、シャンパンと呼んだ方が適切かもしれませんね。

英王室のウイリアム王子とキャサリン妃の結婚式の晩餐にも振舞われました。

普通のスパークリングワインは、最低15か月間の熟成で出荷されますが「ローラン・ペリエ・ブリュット・L‐P・NV」は、約3年間もの熟成期間を置いて世に出てきます。

最高品質のスパークリングワインを飲みたいのであれば、このワインが1番のおすすめです。

>>紹介したおすすめワインが買える通販サイトはこちら