今や家族の一員ともいえる、ペット。その中でも人気なのが、ゴールデンレトリバーです!

賢く人懐っこく、優しい性格。そしてふわふわとした毛並みはとても可愛らしいですよね。

ペットにも寿命があるのは分かっているけれど、少しでも長生きしてほしい…。

ゴールデンレトリバーの平均寿命と長生きする秘訣についてまとめました。ぜひペットの健康生活に活かしてみてくださいね。

ゴールデンレトリバーの平均寿命は短い?

gl
個体差はあるものの、ゴールデンレトリバーの寿命は一般的に10~12歳と言われています。

小型犬の平均寿命が12~15歳と言われているので、ゴールデンレトリバーはやや短い傾向にあります。

寿命が短い原因は?

犬の中でも寿命が短めなゴールデンレトリバーですが、どういった部分に原因があるのでしょうか。

具体的な寿命が短い原因について見ていきましょう。

1、体の大きさ

oogata
ゴールデンレトリバーは大型犬です。前述したように、小型犬の方が寿命が長く、大型犬の方が寿命が短い傾向があります。

それは、体重が重くなるほど、心臓や関節等にかかる負担が大きくなるからです。

体の大きさに比例して、老化も早まります。老化は、運動機能の低下や病気を引き起こす原因となってしまいます。

2、純血種よりも雑種の方が長生き

gl_ketto
純血種のゴールデンレトリバーの場合、血統重視の近親交配が多くなります。

それにより、遺伝性・先天性の病気へのリスクが高くなります。

雑種の場合、そういったリスクがかなり抑えられるため、純血種より長生きすると言われています。

3、病気

ゴールデンレトリバーには気を付けたい病気がいくつかあります。大きなものを取り上げて紹介します。

ゴールデンレトリバーの死因第一位です。犬の癌は進行が速いので注意が必要です。
症状としては、

  • 体重減少
  • 食欲不振
  • 運動を嫌がる
  • ぐったりして元気がない

などです。しこりや腫瘍を見つけたり、いつもと様子が違うと感じたら、早めに獣医さんに相談しましょう。

股関節形成不全

股関節形成不全は、ゴールデンレトリバーには特に多い病気で、遺伝が関与しており、先天的に患っていることが多いです。

股関節が不安定で、脱臼を起こしています。症状が悪化すると関節炎を引き起こし、運動機能の低下につながります。

症状としては、後ろ足が使えず跳ぶように歩いたり、おすわりが苦手だったり、運動を嫌うといったことが挙げられます。

対処法として、滑りにくい床材を使うなど生活環境を見直してあげることが効果的です。

また、股関節に負担をかけるため過度な運動はおすすめしません。普通のお散歩で十分です。

そして、太らせ過ぎないことも大切です。体が重いとそれだけ負担がかかります。

ゴールデンレトリバーは食欲旺盛なので、飼い主さんがしっかり管理してあげましょう。

胃捻転

胃捻転とは、食後に激しい運動をしてしまうと、胃がねじれて死に至る病気です。

消化を助けるため、ドッグフードは水を加えて柔らかくしてあげましょう。また、食後の運動は控えましょう。

寿命は延ばせる!?

gl_jumyo
近年、犬の寿命は延びてきたと言われています。犬の平均寿命は1980年に3.7歳だったそうですが、2008年には14.3歳になったというデータがあります。

これはドッグフードの改良や獣医学の進歩によるところも大きいのですが、それだけではなく、日々の生活習慣、生活環境、栄養バランスにも焦点があてられるようになったから。

つまり、愛犬に合った適切な生活を送ることが、寿命を延ばすことにつながるのです。

睡眠

犬は人間よりも体が小さいため、睡眠不足の悪影響が体に現れやすいです。

愛犬が熟睡しているときは部屋の照明を落とすなど、静かな環境にしてあげましょう。

食事

各メーカーから、犬種に適した様々なドッグフードが市販されています。

中には嗜好品(おやつ)もありますので、まずはしっかり栄養の摂れる良質なフードを選びましょう。

でも、与えすぎは厳禁!肥満は様々な病気につながるので、飼い主さんがしっかり管理してあげてください。

散歩

適度な運動が大切です。できるだけ毎日散歩に連れて行ってあげましょう。

またゴールデンレトリバーは暑さに弱いので、熱中症には十分注意しましょう。

ストレスフリー

犬にもストレスがたまるので、できるだけストレスを取り除いてあげましょう。

ただし、犬によってストレスを感じること・楽しいと感じることは異なります。散歩が大好きな犬、他の犬と遊ぶことが好きな犬、飼い主さんにべったり甘えていたい犬…一匹一匹、個性があるのです。

その子に合った方法で、思いきり発散させてあげてください。

健康診断

早めの受診が、早期発見、早期治療につながります。

寿命が短い原因にあるとおり、ゴールデンレトリバーが発症しやすい病気は多いので、定期的に健康診断を受けることをおすすめします。

愛犬の健康は守れる!

前述した生活習慣、生活環境を整えていくことで、犬の免疫力も向上していきます。

免疫力が上がることで病気になりにくく、健康な体を維持することができます。長生きにもつながりますね。

しかし、忙しい飼い主さんにとって毎日愛犬の世話をする時間がなかなかとれない方も多いのではないでしょうか。

そういった時に、手軽に愛犬の免疫力を高めることができるのが「ペット用の健康食品」です。

愛犬の健康を守る『ミドリムシのちから』

midorimusinochikara
『ミドリムシのちから』は、ドッグフードだけでは不足しがちな栄養素やミネラルを豊富に含み、愛犬の健康を維持する効果が期待できます。

粉末タイプなのでドックフードに混ぜるだけで良く、与えやすいので毎日無理なく続けることができます。

日々の生活改善に加え『ミドリムシのちから』を摂ることで、健康で元気な生活を送ってくれることでしょう。

ゴールデンレトリバーの平均寿命のまとめ

  • ゴールデンレトリバーの平均寿命は10~12年
  • 平均寿命が短い原因は、体の大きさ、純血種(先天性な病気にかかりやすい)、病気
  • その子に合った生活改善が長生きにつながる!
  • 免疫力を上げることで、病気にかかりにくい体になる!

愛犬の死はいつか必ず訪れるもの…。しかしそれを悲観し過ぎず、今、あなたの愛犬のためにできることを考えてみてください。

意識を変えるだけで、それが愛犬の長生きにつながるかもしれません!

たくさん遊んでたくさん関わり、健康な生活を送って、あなたの愛犬とすてきな日々を過ごしてくださいね。