ラブラドールレトリバーは、世界的に、最も人気の高い犬種の一つです。大型犬に分類される比較的、丈夫な犬種であり、使役犬としても有能です。

そんな私たちの大切なパートナーである、ラブラドールレトリバーの寿命と健康的に長生きさせる方法を紹介します。

ラブラドールレトリバーの歴史

raburadoll
ラブラドールレトリバーの祖先は、セントジョンズレトリバーという使役犬です。

ラブラドールレトリバーは、19世紀にイングランドのマルムズベリー伯爵が、セントジョンズレトリバーを改良して、この世に誕生しました。

イギリスやアメリカのケネルクラブに公式犬として認められたのは20世紀に入ってからと、比較的新しい犬種であり、毛色が確立されたのは20世紀半ばを大きく過ぎてからです。

現在、ラブラドールレトリバーは愛玩犬として、多くの人から可愛がられる存在である一方、盲導犬、介助犬、警察犬としても活躍しています。

ラブラドールレトリバーの特徴

ラブラドールレトリバーは大変賢く、特に訓練をしなくても、投げられたフリスビーなどを口でキャッチし、飼い主のところに持ってくるなどの行動をとる子もいるようです。

また、水が大好きな子が多く、器用に泳ぐことができる犬種です。

ラブラドールレトリバーの毛には油分が含まれているため、水に濡れても、すぐに乾き、冬でも海に入る子がいるほどです。

ラブラドールレトリバーの寿命

raburadoll_tokucho
ラブラドールレトリバーの寿命は10歳~12歳と、大型犬の中では、比較的寿命が長い部類に入ります。日本での最高齢は19歳と人間の年齢に換算すると138歳まで生きたことになります。

ラブラドールレトリバーのような大型犬や超大型犬は、小型犬に比べて平均寿命が短い傾向があります。

これは、内臓など大きさが体の割に小さく、心臓や肺への負担が小型犬よりも大きいからです。

ラブラドールレトリバーのなかでも、生活環境によって寿命が異なり、家庭で愛玩犬として飼われていたラブラドールレトリバーの方が、使役犬として活躍していた犬よりも寿命が長いそうです。

理由ははっきりとは分かっていませんが、ストレスの差ではないかと言われています。

ラブラドールレトリバーが健康で寿命が長くなるためには

ラブラドールレトリバーの寿命は、犬の平均寿命と大差ありませんが、大事な愛犬には1日でも元気に長生きをしてもらいたいと願うものです。

そんな愛犬の長生きのために、気を付けたいポイントを紹介していきます。

正しい食事の摂り方で長生き

inu_esa
愛犬に食事を与える時は、人間の食事はなるべく与えないようにしましょう。

人間と犬の必要栄養素は異なるので、人間にとって体に良い食べ物でも、犬にとっては身体に悪かったり、うまく消化できなかったりします。

また、食事の量は、愛犬が満足するまで食べさせるのではなく、腹八分目に抑えるようにしましょう。

肥満は人間にとっても犬にとっても、健康の大敵です。

運動することで長生き

rabura_sanpo
小型犬の散歩は2日に1度で十分だという意見もありますが、大型犬であるラブラドールレトリバーは、毎日、散歩させるのが好ましいとされています。

できれば、ドッグランなどに連れていき、思いっきり走らせてやることも大切です。

また、水が大好きな子が多いので、泳がせてあげるのも良いでしょう。

ラブラドールレトリバーを走ったり泳がせたりすることで、運動になるだけではなく、ストレスも解消され、長生きにつながります。

ワクチン接種で病から守り長生き

wakutin
飼い主の義務となっている狂犬病の予防接種以外にも、複合ワクチンフェラリア予防薬で愛犬を病気から守りましょう。

犬も人間同様、歳をとって免疫力が落ちれば病気が死につながります。

愛犬が病で苦しまないためにも、予防接種はなるべく行いましょう。

犬用サプリメントでワンちゃんの健康を維持

人間が、年を重ねると体のあちらこちらに不調が現れるように、ラブラドールレトリバーも、年を取ると様々な不調が起きます。

そうなる前に、犬用のサプリメントを使うのも、愛犬を長生きさせるためには効果的です。

人がサプリメントで健康の補助をするのと同じで、犬にも犬用のサプリメントを食べさせ、健康に配慮する努力をする必要もあるのではないでしょうか。

ワン生変わった!【犬康食・ワン プレミアム】

kenwan
「犬康食・ワン プレミアム」は、15年間で7万頭以上のワンちゃんが愛用した信頼のサプリメントです。

健康をサポートする優れた栄養素により、愛犬の健康を維持して長生きさせます。

ワンちゃんが食べやすいように、チーズ風味にしてあるので、いつものご飯に数粒混ぜるだけで、簡単に与えることができます。

今なら初回限定34%off2570円10日分のミニパックも付いてくるので、ワンちゃんの健康を気にしている方はチェックしてみてはどうでしょうか。

ラブラドールレトリバーの寿命を知ってますか?まとめ

  • ラブラドルレトリバーの寿命は10~13歳
  • 日本で最も長生きしたラブラドールレトリバーは19歳
  • ラブラドールレトリバーは小型犬より寿命が短い
  • 愛犬の長生きのためには「食事」「運動」「予防接種」に気を付ける
  • 愛犬の健康をサポートするためにもサプリメントを使うと良い

ラブラドールレトリバーの寿命は、大型犬の中では長いですが、人間と比べれば決して長くありません。

少しでも愛犬であるラブラドールレトリバーとの楽しい毎日を送るためにも、愛犬の健康管理をはじめてみましょう!