可愛いワンちゃんに囲まれて暮らしたい、犬好きにとっては夢のような暮らしですよね。

でも、多頭飼いには悩みも多くあります。先住犬が子犬や他の犬に吠えてばかりで、ちっとも仲良くならないというのは、多頭飼いをしている人の多くが経験していることなのです。

どうしたら、先住犬が子犬や他の犬に吠えなくなってくれるのでしょうか。

>>先住犬が他の犬に吠えるのをなんとかしたい!

先住犬が吠えるわけ

tato

先住犬が、新しく家族になった子犬や他の犬にむかって吠えるのには、ちゃんとした理由があります。

それは、自分のテリトリーに勝手に入ってきたことと、飼い主の愛情が自分ではなく、新しくやってきた後輩犬に向けられるのではないかという恐怖心からです。

特に、今までは大人しかった先住犬が後輩犬に向かってむき出しの敵意を見せているような時には、先住犬の不安が高まっていると考えて良いでしょう。

人間の子供が、弟や妹が生まれた時に赤ちゃん返りするのと同じです。

飼い主が、自分を蔑ろにせず、今までと同じ愛情を注いでくれると分かれば、先住犬も後輩犬に向かって吠えるのを止めます。

先住犬と後輩犬を仲良くさせるコツ

新しい家族と対面した先住犬は、子犬であろうと成犬であろうと敵意を丸出しにして吠えまくるのは、珍しいことではありません。

犬同士の相性もありますが、最初から仲良くはできないのが一般的です。

先住犬と後輩犬を仲良くさせるためには、いくつかのコツがあります。

後輩犬の目の前で先住犬を思いっきりかわいがる

後輩犬の前で可愛がられることで、犬が優越感を抱き後輩犬に対しての警戒心を解す効果があります。

餌を与える時は、先住犬を先にする

おやつを与える時にも、先住犬が先、後輩犬が後にすることで、後輩犬が序列を理解します。

ケンカをしたら後輩犬を引き離す

2匹が格闘するようなことがあったら、後輩犬を引き離すようにします。

もし、先住犬を引き離してしまうと、飼い主が後輩犬をかばっていると思って先住犬は、ますます、後輩犬に対して吠えるようになってしまいます。

ワンちゃん同士の相性で慣れるまでの時間は違う

先住犬と新しく家族になった子犬や他の犬が、仲良くなるには時間がかかるものです。

犬同士の相性もありますので、すんなりと先住犬が後輩犬を受け入れてくれることもありますし、後輩犬を受け入れるまでに数ヶ月必要な時もあります。

別のワンちゃんとすぐ仲良くなれたからと言って、今度もすぐに仲良くなれるとは限りませんので、ワンちゃん同士の相性が悪い時は長い目で見てあげましょう。

どうしても先住犬が吠えるのを辞めない時は?

あの手この手で、先住犬と後輩犬を仲良くさせようとしても、先住犬が後輩犬を受け入れるどころか、ますます激しく吠えるということもありますね。

吠えることが続き、近所にも迷惑をかけているということであれば、先住犬が後輩犬を吠えないように、訓練するしかありません。

簡単にワンちゃんが吠えるのをやめさせる方法は?

wanburu
先住犬が後輩犬に吠えるのをやめさせるには、吠えるのがいけないことだと叱るのが一番です。

飼い主とワンちゃんとの主従関係がしっかりしていれば、何度か叱れば吠えるのを辞めるはずです。

しかし、ワンちゃんとの主従関係がうまく出来あがっていないと、吠えるのを叱っても言うことを聞いてはくれません。

そんな時には、ワンちゃん用のしつけグッズを使うのも良いでしょう。

なかなかワンちゃんのしつけがうまくできない人でも、しつけグッズを使えば簡単にワンちゃんのしつけができます。

おすすめできそうなしつけグッズも探してみたので、先住犬が新しく来たワンちゃんに吠えて悩んでいる人は、下記リンクを参考にしてみください。

>>今なら5,000引きの困った愛犬のしつけグッズ【ワンブル】の公式サイトはこちら