家族の一員である愛犬ですが、必要以上に吠えていると、ご近所からの苦情が心配になったりしますよね。

餌の時、出かける時、夜中、など吠える時は色々ありますが、ワンちゃんが無駄吠えをしてしまう理由はなんなのでしょうか?

対策方法とあわせて紹介していきます。

>>治らない愛犬の無駄吠えをどうにかしたい!

犬が吠える理由

話すことが出来ない犬は、そもそもどのような時に吠えているのでしょうか。

餌の時に吠える理由

hoeru
犬が餌欲しさに吠えたり、餌の準備をしている事に気がついて吠えたりするのは、催促の意味があります。餌が早く欲しいという願いや、もう少しで餌がもらえることへの期待の気持ちなどで吠えているのです。

また、吠えることで早く餌がもらえると知って吠えていたりします。

出かける時に吠える理由

こちらも、餌の時と似ています。早く散歩に行きたい、という気持ちや、リードなどを用意している事に気がついて、散歩に行けるんだと期待して吠えています。

これも同様に、吠えることで早く大好きな散歩に連れて行ってもらえると知って吠えていることがあります。

夜中に吠える理由

夜中なのに犬が吠えてしまうのは、目が覚めてしまって退屈なので構って欲しい、寂しい、などの理由があります。

耳がいいので、何か小さな物音に反応して吠える場合もあります。逆に静かなのが寂しくて吠える場合もあります。

いずれにせよ、吠えることで飼い主が様子を見に来てくれたり、構ってくれるというのを期待して吠えているところがあります。

犬が無駄に吠えてしまう共通する原因

それぞれの時に吠える理由を説明しましたが、そのどれにも共通していえる原因があります。

それは、吠えると飼い主が対応するという事です。

  • 餌の時・・・吠えることで餌をくれる、餌を早く用意してくれる
  • 出かける時・・・吠えることで散歩に連れて行ってもらえる、散歩の用意を早くしてくれる
  • 夜中・・・吠えることで見に来てくれて寂しくなくなる、退屈なときも構ってもらえる

というのを犬が理解しているのです。

つまり、無駄に吠えてしまうのは、飼い主がいちいち吠えたことに対して犬の欲求を満たそうとしているから、さらに吠えてしまうのです。

吠えられると近所の苦情も心配になるし、飼い主でもうるさく感じることはありますよね。

だからと言って、吠えるのをやめさせようと対応してしまうことが、無駄吠えをやめさせれない原因なのです。

愛犬の無駄吠え対策方法は?

ご近所の迷惑になるような無駄吠えは出来るだけやめて欲しいですし、可愛い愛犬をそのたびに怒るのもかわいそうですよね。

では、どのような対策をすれば無駄吠えがなくなるのでしょうか。

餌の時のポイント

愛犬が吠えている時に、餌を用意するのはやめましょう。吠えている時に餌を用意してしまうと吠えて催促したから餌を用意してもらえたと思ってしまいます。

餌の準備をしている時に吠えだしたら準備を中断して、他の用事をしましょう。

話しかけたり、叱るのもいけません、とにかく無視をして目も合わせないようにしましょう。

そして、気長に待って吠えるのをやめておとなしくなったら餌をあげましょう。

出かける時のポイント

こちらも同様に、吠えてしまっても知らん顔です。リードなどの散歩の用意をしている時であれば、いったん用意をやめます。

それから吠えるのをやめてから、サッと用意して散歩に行くようにしましょう。

夜中のポイント

夜中に吠えてしまったら、そのまま知らん顔するか、一喝しかるようにしましょう。

叱る時は一喝しかるだけにして、それ以上は相手をしないのが大切です。

夜中に吠えることはいけないことだと教えてあげなければいけません。

どうしても無駄吠えが治らない時の対策は?

wanburu
うまくしつけができていないワンちゃんにしつけをするには、しばらく大変な思いをするかもしれません。

ご近所の迷惑などもあって、早急に無駄吠えをやめさせたい、と思うのであれば、無駄吠えをやめさせるしつけグッズを使うのもいいでしょう。

無駄吠えした時に使えば、吠えるのをすぐにやめさせることが出来る便利グッズも最近では活用されているので、そういった躾グッズを利用してみるのもおすすめです。

実際におすすめできそうな、無駄吠え防止の躾グッズを探してみたので、愛犬が吠えるのに困っている人は、下記リンクを参考にしてみてください。

>>今なら5,000円引きの困ったワンちゃんのしつけグッズ【ワンブル】公式サイトはこちら

無駄吠えがなくなれば、飼い主のストレスや寝不足も解消されるうえに、大事な愛犬も怒られず、賢く生活できるのではないでしょうか。